50代の楽しみ

50代におすすめの趣味「テラリウム」作り方や初心者向け通販キット5選

何か趣味を持ちたいけど家で一人でも楽しめる趣味はないかなあ
なお
はい。そんな50代の方にぴったりの趣味はいろいろありますよ!
今回は「テラリウム」をご紹介します。

「テラリウム」とは

テラリウムとは、透明なガラスケースやアクリルケースの中で苔やシダなどの植物を育てて楽しむことです。

ただ植物を育てるのではなく、植物や石、木の枝を入れたり、小屋や動物の飾りを入れたりして景色をを作るという楽しみ方もできます。また、熱帯魚や爬虫類を飼育するテラリウムもあります。

テラリウムとはどんなものなのか、少し見てみましょう。

山歩きの様子が金魚鉢のような入れ物の中で再現されています。近くで見ると、まるでその場所を一緒に歩いているかのような気分になりませんか。

テラリウムの中の植物は生きているので、時間とともに色の変化も楽しめるんですよ。

次は、遺跡をモチーフにしたテラリウムです。神秘的でかっこいいですね。

このようにテラリウムは風景を切り取ったような世界を自分で作って育てていくことができます。

育てる楽しさ、見る楽しさ、そして変化も楽しむことができて飽きることがありません。

ココがおすすめ

・小さなスペースで植物を育てることを楽しめる。

・自分の好きな景色を作ることができる。

・手入れが簡単で、成長や変化も楽しめる。

・緑に癒されてリラックスできる。

・プレゼントしても喜ばれる。

「テラリウム」の作り方

テラリウムの基本的な作り方と必要な材料を紹介します。

「テラリウム」の手順

1.透明の容器に土を入れ、山や谷をイメージして凹凸を作る。
2.苔などの植物を植える。
3.石や砂利、フィギュアなどを置いて景色を作る。

以下の動画では、苔で作る牧場のようなテラリウムを作る様子を見ることができます。

「テラリウム」の材料

テラリウムで必要な材料は、以下の通り。100円ショップでも手に入るものもあります。

材料

・ガラスやプラスチックの透明容器
・植物(苔、多肉植物、観葉植物、エアプランツなど)
・土(培養土、ハイドロボール、赤玉土など)
・小石や砂利
・飾り用の石、木の枝、フィギュアなど
・ピンセット、スプーンなど
・活性炭や根腐れ防止剤
植物や土選びで悩みそう…
なお
初めて挑戦するときはキットがおすすめです!

必要な材料が揃っていて説明書もついているので、誰でも簡単にすぐにテラリウムが作れますよ。

「テラリウム」初心者おすすめキット

テラリウムに初めて挑戦する人でも簡単にできる苔のテラリウムキットです。

苔のテラリウム

出典:Amazon

手のひらサイズの小さなガラスボールの中に作るテラリウムです。苔と岩、木片、シノブというシダをバランスよく配置するだけで、素敵なテラリウムができあがります。

手入れも簡単です。朝夕に1回ずつ霧吹きで水を与えて、表面が常に湿っている状態に保てば大丈夫。1日3~4時間は優しい光が差し込む場所においてあげてください。

<セット内容>
ガラス容器(約90×70mm、口径65mm)、苔、シノブ、木片、石×2個、専用ソイル(土)、説明書

次に紹介するのはカワウソ付きの苔テラリウム。

青い砂で作る小川の横に、高さ2.6㎝の愛らしいカワウソのフィギュアを飾れば、物語のような世界ができあがります。カワウソテラリウムテラリウム木皿

出典:Amazon

ガラスのボールを置く木皿もついているので素敵なインテリアにもなりますし、プレゼントしても喜ばれるキットです。

キットには霧吹きやピンセットも付属なので、届いたらすぐに作業が始められます。

<セット内容>
ガラス容器(約90×70mm、口径70mm)、木皿(約105×40mm、口径90mm)、苔(タマゴケ&ヒノキゴケ)、小枝×2本、小石(10粒前後)、フィギュア、赤玉土、砂、霧吹き、ピンセット、説明書

 

LEDライトがついたテラリウムもあります。蓋の部分にLEDライトがついているので、暗くなったときに点けると幻想的な雰囲気になりますよ。

ただし、テラリウムに照明が当たりすぎるのはよくないので、ライトを点けている時間はほどほどにしてください。

また、フタつきのテラリウムは容器の中が蒸れてしまうので、時々フタを開けて喚起をすることも大切です。

馬テラリウム

出典:楽天市場

白と茶色の馬2頭のセッのほかにも、牛2頭のセットと茶色い馬2頭のセットがあります。

<セット内容>
ガラス容器(フタを含まない高さ約13cm)、苔、フィギュア、石、小石、砂、専用ソイル(土)、霧吹き、ピンセット、説明書

 

苔だけではなくガジュマルも植えた存在感のあるテラリウムもおすすめです。

ガラス容器の高さは25cm。その中にガジュマルはじっと見ていると大木に見えてきて、大自然の中にいる気分が味わえます。

フィギュアを飾って自分なりのアレンジを楽しむのもいいですね。

ガジュマルテラリウム

出典:Amazon

 ガラス容器の口が細くなっているので、少し難しいかもしれませんが菜箸を使うとうまくいきます。

<セット内容>
ガラス容器(180×250㎜、口径95㎜)、苔、ガジュマル、専用ソイル(土)、説明書

 

エアプランツを使ったテラリウムのキットもあります。

エアプランツは土に植える必要はなく、土の上に置くだけでいいですし、水やりもほとんど必要ありません。作るのも育てるのもとても楽です。

実際に作っているところの動画もあるので、見てみてください。

 

エアプランツは空気中の水分を吸収して生きているので、こまめにフタを開けてあげてくださいね。

<セット内容>
プラスチック容器(100×120㎜)、エアプランツ、砂×2種、チップ、カラーストーン、麻ひも、手入れ用スプレー

 

まとめ

50代からのおすすめの趣味の一つとして「テラリウム」をご紹介しました。

テラリウムは、机の上で植物を育たられる手軽なガーデニングです。慣れてくれば自分のお気に入りの景色を再現したり、フィギュアを使って物語の中の世界を作ることなどもできます。

入れ物は小さくても、大きな世界を再現することのできる素敵なアートです。

50代から趣味を見つけたいなら、とにかくやってみること!三日坊主でいいので、どんどんいろいろなことに挑戦してみてください。

-50代の楽しみ

© 2022 アラフィフLABO Powered by AFFINGER5