50代の楽しみ

50代におすすめの趣味「ちぎり絵」簡単セットや無料下絵

ちぎり絵

何か趣味を持ちたいけど運動は苦手、絵心も楽器の経験もないし…。
そんな私に50代からでも始められる趣味はある?
なお
はい。そんな50代の方にぴったりの趣味はいろいろありますよ!
今回は「ちぎり絵」をご紹介します。

「ちぎり絵」の魅力

ちぎり絵は、手でちぎった紙を台紙に貼って表現する作品。ちぎり絵には以下のようなたくさんの魅力があります。

ココがおすすめ

・はさみやカッターを使わないので、小さい子どもからお年寄りまで誰でも楽しめる。

・指先を使うので脳が刺激されて脳トレになる。色の組み合わせを考えるのも脳には良い刺激に!

・下絵を使えば絵が苦手な人でも素敵な作品が作れる。成功や失敗はなくすべてが「味」!

・身近な道具で気楽に安価に始められる。

・ハガキに貼ったり額に入れたりして、プレゼントすることもできる

「ちぎり絵」の種類

ちぎり絵というと和紙や折り紙を使うイメージですが、新聞紙やマスキングテープなどを使って楽しむこともできます。どんな風になるのか、いくつか例を紹介しますね。

こちらは新聞紙で作ったちぎり絵です。なんと90歳でちぎり絵を始めた素敵なおばあちゃんの作品です。今では個展も開かれていて大盛況なんですよ!

こちらは、スキングテープを使ったちぎり絵です。

今はマスキングテープの種類も豊富なので、いろいろな色や柄を使ってちぎり絵を作ることができます。マスキングテープなら糊付けも必要ありません。

こちらは和紙のちぎり絵です。

やわらかい風合いは和紙や日本的な色合いは和紙ならではですね。

「ちぎり絵」の材料

ちぎり絵で必要な材料は、以下の通り。どの材料も100円ショップでも手に入るものばかりです。

材料

・お好きな紙類(新聞、和紙、折り紙、マスキングテープなど)

・糊(でんぷん糊やボンドを水で溶かしたもの。約1対4の割合)

・台紙(ハガキ、色紙など)

・必要に応じてハサミ、カッター、刷毛など

・下絵を写す場合はチャコペーパー

ちぎり絵に初めて挑戦する方は、ハガキサイズぐらいから始めるのがおすすめです。

「ちぎり絵」のやりかた

ちぎり絵の基本的なやり方は、台紙と紙に下書きを書き、紙をちぎって台紙に貼るというシンプルなものです。

以下の動画では、和紙を使ったちぎり絵のやり方がわかりやすく紹介されています。

「ちぎり絵」のおすすめセット

下書きを自分で描くのはなかなか難しいので、最初はちぎり絵のセットを買うのがおすすめです。

こちらのセットは、和紙のちぎり絵に必要なものが全部揃っています。届いたらすぐに始められますよ。

あじさい以外にも、朝顔、桜、椿など季節の花の絵柄のセットがあります。季節に合わせて作ってみるのもいいですね。

<セット内容>
原画手本、色紙(13.5×12cm)、下絵、チャコペーパー、因州和紙、粉末糊、竹串、ちぎり絵の作り方

次に紹介するのは、マスキングテープを使ったちぎり絵のセットです。

ハガキサイズの台紙には、ちぎり絵作家である田村美紀(たむら・みき)さんの素敵な下絵が描かれています。その上にマスキングテープをちぎって貼って、オリジナルの絵ハガキが作れますよ。

マスキングテープは5色セット。マスキングテープは貼ってはがせるのでやり直しもできますし、糊も使わないので手や机が汚れる心配もありません。

できあがったちぎり絵のはがきは誰かに送ってもいいですし、飾っても素敵ですよ。

<セット内容>
ちぎり絵カード5枚、封筒5枚、マスキングテープ5コ

新聞を使ったちぎり絵のセットはないのですが、こちらの本が参考になります。

やり方や作品例、下書きがついています。下書きは、四季折々の花や動物など62点!新聞のカラー広告を集めて、エコなちぎり絵を始めてみてください。

<内容>
全64ページ(説明約1/3ページ、作品例約1/3ページ、下絵約1/3ページ

「ちぎり絵」下絵無料サイト

ちぎり絵の下絵を無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。

楽しむ「ちぎっ手アート」

マステちぎり絵下絵

ちぎっ手アート

マスキングテープの会社「Rink」のサイトでは、マスキングテープを使ったちぎり絵の下絵を無料でダウンロードできます。植物、季節、浮世絵などいろいろな下絵があります。

中日しんぶん ちぎり絵

新聞ちぎり絵

中日しんぶん ちぎり絵

中日新聞のサイトでは、新聞を使ったちぎり絵に使える下絵を無料でダウンロードできます(登録無料)。やり方を説明した動画などもあるので、おすすめです。

イラストAC

イラストAC

イラストAC

イラストACは、無料でさまざまなイラストをダウンロードできるサイト(登録無料)ですが、ちぎり絵の下絵として使えるイラストもたくさんあります。

「花 下絵」「風景 下絵」のように「下絵」の言葉を入れて検索すると、白黒のイラストがでてきます。簡単なものから難しいものまでいろいろあるので、好きなものを下絵として使ってみてください。

イラストAC下絵

まとめ

50代からのおすすめの趣味の一つとして「ちぎり絵」をご紹介しました。

手でちぎって、下書きに合わせて貼っていく「ちぎり絵」は、誰でも楽しめるアートです。和紙や折り紙は100円ショップでも買えますし、新聞を使ったちぎり絵なら再活用にもなってとてもエコ。

90歳でちぎり絵を始めて個展まで開くようになった方もいるほどで、ちぎり絵は奥が深く長く続けられる趣味になりますよ。

50代から趣味を見つけたいなら、とにかくやってみること!三日坊主でいいので、どんどんいろいろなことに挑戦してみてください。

-50代の楽しみ

© 2022 アラフィフLABO Powered by AFFINGER5